予約販売中のフィギュア一覧をチェック

UDL M1887ウィンチェスターをレビュー【ショットガン風排莢式中華トイガン】

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー

排莢式ウィンチェスター中華ナーフ「UDL M1887」をレビューします。

あくる
安定した初速と弾道で扱いやすい楽しいショットガンです。
2022年2月27日現在のAmazon価格は8,300円〜9,500円です。
Amazonプライム対象商品だったので2月20日に注文し2月23日に届きました。
プライム対象でない場合は1ヶ月程度かかる可能性があります。

※私が所有しているナーフタイプトイガンの中でも出来はナンバー1です。

UDL M1887ウィンチェスターをレビュー【ショットガン風排莢式中華トイガン】

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー1

紫色のとても綺麗な箱に入って届きました。

凹みやつぶれもなく安心しました。

対象年齢は6歳以上ですね。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー2

ブラスター本体、専用シェル×6、通常タイプのダーツ×10、吸盤タイプのダーツ×10、保護ゴーグル、手袋、説明書が入っていました。

手袋はペラペラで使えそうにありませんし、メガネにも強度はなさそうです。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー3

UDL M1887はブルーと木色の2種類のカラーがあり、木色の方が1,000円以上高い価格で販売されています。

YouTubeのレビュー動画ではブルーが使われることが大半ですが、木色の方が高級感があることから今回は木色を選びました。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー4引用:Amazon

ブルーと木色の仕様はほぼ同じですが、ブルーには20mmのレールが付いておりドットサイトやスコープをのせれます。

拡張性を求める方はブルー、リアルなデザインと質感を求める方は木色をおすすめします。

あくる
観賞用として楽しみたい方は絶対木色にしましょう!
UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー5 UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー6

木目調がとても綺麗で中華ナーフの中でも高級感は随一なのではないでしょうか?

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー7

ネジは一切隠されていませんが、これはこれでヴィンテージ感を演出しています。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー8

ウィンチェスターと言えばレバーアクションが醍醐味ですよね。

UDL M1887のレバーは金属製で剛性もかなり高く、ガタつきもなくそうそう壊れそうにありません。

ただし、レバーは重めでお子さんや女性はコッキングに苦労するでしょう。

また、連続でコッキングすると手が痛くなることがデメリットです。

手を痛めないようにタクティカルグローブをつけて遊んだ方がいいですね(付属の手袋でも手が痛い)

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー9

シェルにダーツを入れると吸盤タイプの方がキツく感じるので初速に差が出そうです。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー10

XM1014のシェルとはサイズが違うため、互換性はありません。

装填してしまうと故障の原因になるのでご注意ください。

ちなみに一番左のシェル(黒)はドレスアップのためにAmazonから購入したもので、真ん中(ピンク)はXM1014の純正シェルです。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー11

レバーを下げるとシェルを装填できます。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー12

下に5発、上に1発の計6発装填できますが、下への装填はコツが必要です。

うまく押し込まないとすでに中にあるシェルが戻ってきてしまいます。

角度をつけて押し込むとスムーズに装填できます。

UDL M1887ウィンチェスター排莢式をレビュー13

トリガーストロークは短め、トリガープルは軽いですね。

実際に撃ってみると集弾性の良さに驚きました。

サイトがないため感覚で狙うしかありませんが、素直に飛んでいくので5メートル先の的に当てるのも簡単です。

上目を狙えば10メートル程度は飛んでいきます。

レバーアクションの音も心地良く、ついつい意味もなく触ってしまいたくなります。

UDL M1887ウィンチェスターの初速

UDL M1887ウィンチェスターの初速

通常タイプのスポンジ弾、吸盤タイプのスポンジ弾の初速をそれぞれ計測してみました。

通常タイプ
1回目17.63m/s
2回目18.17m/s
3回目16.27m/s
4回目17.97m/s
5回目18.45m/s
6回目19.26m/s
吸盤タイプ
1回目20.9m/s
2回目22.41m/s
3回目20.52m/s
4回目21.27m/s
5回目23.39m/s
6回目21.27m/s

製品個体差はあると思いますが、やはりシェルに入れる時にキツく感じた吸盤タイプの初速が上回る結果となりました。

中華ナーフにありがちな初速のバラつきも少ないことがメリットです。

あくる
しっかり飛んでくれるので的に当てやすく楽しいです。
これは買ってよかった!

まとめ

UDL M1887の総評
扱いやすさ★★★★☆
排莢★★★★★
集弾性★★★★★
剛性★★★★★
価格★★★☆☆

レバーが重いこと、装填にコツがいることでマイナス1点、価格が高いことでマイナス2点。

総評4.4点でした。

これでも厳しく採点しました。

9,500円でも価格に負けないデザイン性、剛性、ギミックがあり、買って損はしない中華ナーフです。

あくる
個人的にはXM1014よりもM1887をおすすめします!